FC2ブログ

l'Atelier de foyuのblog

浜松の刺繍教室ラトリエドフォユの、iPhone更新ブログ

現時点での好転反応の様子  

ホメオパシーの好転反応がどんな風なのか、
知らないより知っていた方が良いですよね。
(というか、知りたくないですか?)
それに自分の記録としても残しておきたいので、投稿しておきます。
ちなみに、
私の好転反応はすでにエベレスト並みの山は越え、下山してきていますが、
それでもまだ写真のような状態です。
若くはないのでシワやシミもあってお恥ずかしい限りですが、
何より皮膚がゴワゴワの爬虫類みたいな感じになっています(>人<;)!


エベレスト頂上の頃(好転反応ピーク時。3月下旬~4月下旬)は
顔がパンパンに浮腫んでましたが、
先週あたりからかなり治まってきました。
でもまだ顔の3/4は赤みを帯びていて触ると火照っています。
首から肩、デコルテ付近までも赤みを帯びていて同じく火照っています。
(今は赤みの皮膚ですが、ピーク時はどす黒い色でした)
好転反応が急速に進んだ時、
顔、首、肩の皮膚は一気に爬虫類のようなゴワゴワした状態になりました。
そして内側には膿が溜まり、掻かずにはおれないほど、
痒くて痒くてたまらなくなりました。
この爬虫類のような皮膚はお風呂に入るとふやけて剥がれていきますが、
翌日にはまた同じようになってます。
とにかく3月終わりから私は毎日脱皮してます。

エベレスト頂上の頃はほぼ全身を、
体の内側から針で突かれるような痛痒さが持続して、
寝ても覚めても、痛くて痒くて痛くて痒くて痛くて痒くて・・・
心が折れそうになるほど参りましたが(ていうか、3回くらい折れたと思う・・)、
今は耳たぶに膿が残っていて時々メチャメチャ痒くなりますが、
他は皮膚が剥がれる時の痒みになってると思います。
でもこれも全身の皮膚が剥がれはじめてるので、持続した痒みで。
とにかく四六時中どこかしらボリボリと掻いてる状態です。

ところで、私がホメオパシーで治療中という話を
きっかけがなかった為、両親には伝えていませんでした。
すっかり治ってから説明すれば良いか、と安易に考えていたからですが。
それがGWに入る直前、
どうして顔を見せてくれないんだと両親に言われてしまい、
でもこんな状態なので顔を出せるわけもなく。
なので今の状態を写真で送ったところ・・
「今すぐ病院に行けーーー!!!」
それも大学病院とかの大きな病院に行け!と言われてしまいました。
もちろん、好転反応なので行く必要ないし、
むしろ行ったらステロイドなどを処方されるだけだから、
意味ないし。
・・と、どんなに説明しても理解してもらえませんでした。

心配してるからこその病院行け!だとわかってますが、
ホメオパシーという治療法に馴染みがない人には
なかなか好転反応というものが理解してもらえないんだな、、
と学習しました。

・・この好転反応、希望的観測からGW明けには
外出できるようになってるかな?なってるよね!と期待していましたが、
この赤みが取れて痒みが引くまで、まだしばらくは出掛けられないです。。
最低でもあと半月はかかるでしょう。1ヶ月かもしれません。
何しろ初めての好転反応なので、収束がいつ頃になるのか、
全く予測ができません。

一つ前の記事にも書きましたが、
来週はご予約いただいている生徒さんのレッスンを行います。
しかしあと4日で綺麗になるとは到底思えませんから、
こんな状態でレッスンすることになります。。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。





スポンサーサイト

category: ホメオパシー

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret